本堂の屋根修繕

本堂修繕工事が重要な作業を迎えています。

古くなっていた屋根瓦と野地板の撤去が終わり、屋根の中の構造修繕が行われています。

重い屋根を50年以上にわたってささえていた垂木は、場所によっては折れていたり曲がっていたり、骨組だけになるとそれらがよくわかります。

重さに耐えきれず落ちていた隅棟は、宮大工さんの職人技で元の位置に戻され、屋根の左右がシュッと持ち上がったような印象です。

今後、屋根全体の形を格好よく整え、負荷がかかる部分や弱い部分を補強するために、さらなる内部構造の調整に入ります。

 

なお、当作業のため、境内には作業車、資材等が置かれていますので、お参りの際はくれぐれもご注意いただきますようご協力をよろしくお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください