2013年星まつり節分会

2月3日(日)午後7時より

「除災厄除 星まつり 節分会」が当山本堂で開催されました。

釜鳴護摩(かまなりごま)を修し、太鼓をたたいて真言念誦。

とっても念のこもった「祈祷」です。

 

季節の変わり目は、とにかく風邪をひいたり体調を崩しやすいですが、

「病は気から」と申しますように、

病気や災いのもとになる「気」=「鬼」は

豆を投げて家の外に追い払いましょう。

当日は、多くのご参拝をいただき、にぎやかなひとときとなりました。

毎年、縁起ものの獅子舞の奉納をいただきます。

皆さんの頭を「ガブリっ!」

備前太鼓唄普及会の皆様による獅子舞は大盛況。

 

獅子舞の後は、

「星まつり」なので『昴』(すばる)を奉唱(和讃会ゴスペラーズ)し、

一年の星まわりを祈願。

 

そして最後に、

「鬼は外~! 福は内~!」

豆まきで厄除けです。

厄年の方々には、たくさんのお供えをいただきましたが、

そのお供えはみんなで分けて持って帰ります。

こうして「厄をわけあう」のですね。

 

皆さま「分かち合いの精神」を大切に、今年一年も過ごしましょう。

 

合掌

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください