追悼 中村哲先生

当方応接間に飾ってある色紙です。

平成20年2月16日、ペシャワール会さん主催で中村哲先生による「本当のアフガニスタン」と題する講演会を当方で開催したことがあり、そのときに書いていたいただいたものです。

先生が描かれたのはパキスタンにそびえるティリチミール山。”闇の王”と和訳されていますが、エベレストより難しいと言われるほど登頂は危険なのだそうです。

先生は登山がお好きで、登山隊帯同ドクターとしてティリチミールに挑まれたことがあるようですが、先生が日頃の活動の中で対峙されている巨大な何かを、このティリチミールと形容されたのかなと考えています。山頂には雲と言うか霧と言うか、靄のような何かがかかっていて判然としない様子を銀色マーカーで描き加えられています。それは、長年にわたり生死と隣り合わせの現場に立ち続けられた先生にしか見えない風景であり、葛藤なのでしょう。

中村哲先生に心から哀悼の誠を捧げます。

合掌

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください