大僧正堀智範猊下ご遷化

8月23日、総本山仁和寺第47世門跡、真言宗御室派元管長、真言宗御室派大本山天野山金剛寺http://amanosan-kongoji.jp/第77世座主・大僧正堀智範猊下が満95歳にて御遷化なされました。

 

堀智範猊下

※写真は2008年10月、長泉寺本堂で撮ったものです。

堀智範猊下は、平成12年「長泉寺中興40周年記念大法要」、及び、平成21年5月「長泉寺開山500周年記念大法要」の大阿、また、私の結婚式の御戒師をお勤めいただき、実にお世話になったお方です。

実は、長泉寺と天野山金剛寺には法縁があります。

長泉寺第20世住職・光俊和尚が、紀州田辺の高山寺の養子に入り、当時天野山金剛寺の座主であられた金剛流ご詠歌の流祖・曽我部俊雄和尚の御遷化を受け、天野山金剛寺の後を継がれた経緯があります。

なので、光俊和尚のお墓も、曽我部俊雄和尚のお墓とともに、天野山金剛寺の境内にあるんです。

そういったことで、天野山金剛寺には度々お参りに行っていましたが、もう堀猊下のやさしい笑顔には会えないのだと思うと、さみしい限りです。

堀猊下からいただいた数々の恩徳に感謝するとともに、倍増御法楽を謹んでご祈念申し上げます。

合掌

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください