半田山墓地の改善について、岡山市仏教会が岡山市に要望書を提出いたしました。

三日前のこと(3/28)になりますが、半田山墓地が管理者不在という問題によってひじょうに不安定な状態になっていること、特に同墓地中央を縦断する墓参道の著しい崩壊状態とその危険性について、大森雅夫岡山市長へこれの是正に取り組んでいただくよう、岡山市仏教会として要望書を提出いたしました(私は担当理事として当問題に取り組んでいます)。

大森市長からは、「同墓地は“財産区”ということで市としても扱いが難しいが、しかしネガティブな対応だけで終わってはいけない。市として出来る限り前向きに取り組んでいく」と、有り難い言葉をいただきました。

半田山植物園の西側に位置する半田山墓地(岡山市北区津島東三丁目)は、墓塔の数で言えばおそらく数万塔はあるだろう巨大な墓地で、多くの岡山市民が使用しています。

いつの時代にできた墓地なのかは定かではありませんが、明治期に行われた岡山市による市街地整備事業の中で、市の中心部にあった多くの墓塔類を移転する際、それらを同墓地へ持ってきたという記録が岡山市議会の議事録に残っています(東山墓地も同様です)。

しかし同墓地は「市営」という形態はとらず、使用者自身が共同で管理する、いわゆる「村墓地」と呼ばれる運営体制を維持しました。

市町村合併が行われ自治体が整備されていく過程で、様々な土地が民間管理か行政管理かの仕分けがはかられてきたわけですが、しかし半田山墓地のような特殊な管理運営が行われている公の施設等を「財産区」として扱うことにして、旧来の使用者の権限を守ってきたわけです。

しかしながら、ここ数年は半田山墓地の管理者が不在で、使用者による自治が完全に滞ってしまっています。壊れた墓参道を直そうにも、使用者皆さんの承認を得ることが不可能な(名簿さえない)状況であり、結局そのまま放置されるケースがほとんどです。さらには、もともと水捌けが悪いことや、近年多発する大雨の影響等で一部ではすでに崩落も発生しているほか、雨が降れば墓参道がプールのような水たまりとなり、その水が引くのにも数日を要するなど、困った状態となっています。特に最もやっかいなのは、同墓地中央を縦断するメインの墓参道が、コンクリート舗装が壊れガタガタ、かつ、雨が土を流しボコボコという有り様で、多くの方が使用される墓参道であるにも関わらず、その危険性は長らく放置されたまま、そして今後もその修繕の見込みはないという状況です。

このような状況をなんとかするために本来一番良いのは、使用者の皆さん自身が署名を集めるなどの意見集約を行い、それを市に対して要望していくことなのですが、しかし数千におよぶだろう墓地の所有者が全く把握できていない現状においてはそれも不可能です。

よって、この度、岡山市仏教会としてこのような動きを取る運びとなりました。

自治体や町内会、または特定の業者が管理しているなど、その管理責任の所在が明確な霊園は良いのですが、おそらく半田山墓地以外にも多くの墓地で同様の問題が潜在しているでしょうし、すでに発生しているところも少なくないと思います。その意味では、今回の岡山市仏教会の動きが半田山墓地の問題だけに限らず、広く波及してくれればいいなと考えています。

当山光研名誉住職が「権大僧正」に昇補賜りました。

本日(3/29)、総本山仁和寺門跡瀬川大秀大僧正猊下より、当山名誉住職が「権大僧正」の任を賜りました。

ひとえに三宝のおかげでございます。

名誉住職曰く、「これからは”道楽”に生きます。もちろん遊び惚けるということではありません。道とは即ち仏道。そしてそれを大いに楽しみたいという所存です。」

檀信徒皆様には、今後とも引き続きのお力添えを賜りますよう、よろしくお願いします。

寺子屋文化講座vol.23

3月5日、「長泉寺寺子屋文化講座vol.23」を開催し、就実学園の石田省三先生に室戸台風についてお話をいただきました。

当時の写真を数多くご紹介くださるとともに、室戸台風を後世に伝える「浸水深プレート」(岡山城や後楽園など、現在でも市内各所に点在)の調査記録を通じて、その被害状況はもとより、時間の経過による「風化」に対しての取り組みについて詳しくご説明いただきました。

ご参加いただきました皆様、ありがとうございました。次回は5月の開催を予定しております。どうぞよろしくお願いします。

長泉寺寺子屋文化講座vol.22

2月13日、恒例の寺子屋文化講座の22回目を開催しました。

今回は、当山名誉住職宮本光研が講師をつとめ、「岡山は三軒目には帰庵かな」というタイトルで、「帰庵さん」こと松坂旭信大僧正についての講話を行いました。

岡山に多くの墨蹟を残された帰庵さんですが、その人物像についてはあまり知られておらず、その意味でとても貴重な機会となりました。会場からも、帰庵さんより直々に書の指導を受けた方から発言があるなど、そのお人柄に触れることができました。


節分 星まつり

2月3日節分の夜、当山では毎年恒例の節分「星まつり」を奉修いたしました。

除災招福を祈願する星供を修法し、併せて春を呼ぶ「釜鳴護摩」と厄除け豆まき。本堂は大変賑やかで、ご参拝の皆様からも笑顔がたくさんこぼれました。

また、当山節分星まつりの恒例でもある「獅子舞」を、備前太鼓唄普及会の皆様より奉納いただきました。

どうぞ皆様、健やかで豊かな春をお迎えください。

長泉寺合唱団コーロ・ナーガがコンサート環に出演!

「平和を歌おう」をテーマに活動をしている「長泉寺合唱団Coro Naga(コーロ・ナーガ)」が、ご指導下さっている佐々木英代先生のご縁で、2月3日ルネスホールで行われた先生主催の「コンサート環16th」に出演させていただきました。

Coro Nagaは結成からまだ3年ほどで、メンバーの中には「まだ上手く歌えないなぁ」とおっしゃる方もいたりするのですが、しかし昨年に引き続き二回目の出演ということもあり、ピリッとした緊張感の中にも、自信をもって歌えるようになってきたように思います。

実に素晴らしい歌声でした。

団の名前である「ナーガ」とは、古代インド語で「竜」を意味します。

これからも竜のように、しなやかで美しく平和を歌っていってもらえたらなと願っています。

新しいメンバーも常時募集していますので、ご興味のございます方はお気軽にお寺までお問合せ下さい。みんなで歌って楽しむことはもちろんですが、人前に出て見られることや、日常の中に「ピリッと緊張する」機会を持つことは、いつまでも若さと健康を保つ秘訣です。

檀家さんに限りません。どなたでもご参加をお待ちしております。

本堂「瑠璃光殿」修繕落慶

1月8日、悲願であった当山本堂「瑠璃光殿」の修繕落慶式を晴れて開催することが出来ました。ひとえに、本尊薬師如来の功徳のもとにご協力賜りました檀信徒、地域、その他大勢のご縁ある皆様のおかげでございます。

心より御礼申し上げます。

当日は天候にも恵まれ、本堂に入りきれない多くのご参拝のもと(お入りいただけなかった方々には大変申し訳ありませんでした)、本尊脇侍遷座入仏開眼法とともに、皆さまのご健康とご多幸を祈願する大般若法会を奉修いたしました。

今後この本堂が、檀信徒、地域の方々にとっての心の拠り所として、祈りや癒しの空間として、学びや憩いの場として、その他にも様々に活躍してくれることと思いますし、そのようになるために私個人もより一層の精進をしていく所存です。

この間特に、檀信徒を代表する総代皆様らと修繕奉讃会を組織し、事業運営を行う一つのチームとして大いに機能し得たことを嬉しく、そして幸せに感じています。頼り甲斐のある、豊かな人々に囲まれ、だからこその「私」が充実し、さらにその私が励まされ頑張れることで、まわりからの信頼や笑顔も増えていくという、まさに供に養いあう関係、「相互供養」を実感することができました。

檀信徒皆様からは、当方の想定を大きく上回る奉讃ご寄付を頂戴し、また、何一つ苦言やお叱りの言葉をいただくことなく、むしろ励ましや応援のお声をたくさん頂戴し、住職として感無量の思いです。社会も仏教界も様々な困難を抱えてはおりますが、しっかりと働き(身)、丁寧に説明をし(口)、想いを持ち続けて(意)いれば、結果は即疾に顕れるという宗祖の言葉を深く胸にいたす次第です。

この経験と実践がまた明日を創り、長泉寺、檀信徒、地域、その他ご縁のある多くの方々が、さらに豊かに歩んでいけるだろうことに期待を大にしています。

仏法興隆  倍増法楽

薬師如来の瑠璃光輝く妙薬が皆様にゆき届きますように

乃至法界 平等利益

長泉寺

第二十七世住職 龍門 合掌三禮

第21回長泉寺寺子屋文化講座

11月20日、「長泉寺寺子屋文化講座vol.21」ということで、岡山県立記録資料館さんが企画中の「おかやま橋物語」にお邪魔させていただき、併せて「公文書管理」の現場を詳しく教えていただきました。
同館館長の定兼学先生や副参事の前田能成先生をはじめ、スタッフの皆様が総動員でご対応下さり、まことに充実した内容の講座だったと思います。ありがとうございました。
なお同館では、事前申請があればいつでも必要な公文書(岡山県政や文化資料)の閲覧が可能で、多くの方に利用してほしいとのことです。

今回も昭和20年9月の知事の引継ぎ書類を見させていただきましたが、戦後すぐの岡山がどのような問題を抱え、どう対応していたかをリアルに知ることができました。とても有意義なことだと思います。興味のある方はぜひご利用下さい。

西国三十三観音霊場の旅

長泉寺杖心会は11月18日、当山と同じ真言宗御室派の上興院様(玉柏)、法萬寺様(原)と共催で「西国三十三観音霊場の旅」の第一回目を実施しました。

今回は兵庫県の三ヶ寺、書寫山圓教寺、播州清水寺、一乗寺(いづれも天台宗)を参拝。季節柄、紅葉が美しく、人も多く賑わう中、心地の良いお参りができたと思います。お蔭様で51名もの方にご参加を賜りました。ご参加いただいた皆様には感謝を申し上げるとともに、次回も元気にお参りできますよう体調管理等にはお気をつけいただきますようお願いします。

ありがとうございました。

本堂修繕工事進捗状況(10月)

9月に入り、いよいよ本堂の耐震補強や内装に工程が移りました。

内陣と外陣の接合部分でもある虹梁(こうりょう)に、負荷がバランス悪くかかっていたため、虹梁の上部に太い梁をかませました。

外陣の四方の壁については、上の写真のような内部構造でしたが、

基礎部分から天井部分まで、建物全体を揺れから守る頑丈な筋交い(すじかい)を入れるとともに、壁部分全体に木材ボードをはめることで、その耐震性をあげました。

柱と柱の最下部をつなげる地長押(じなげし)も、回廊と建具の新調に合わせて、

 

新しくなりました。

 

内陣天井は、

 

みごと!な折上げ格天井(おりあげごうてんじょう)に変わりました。卓越した職人技には感心するばかりです。

 

享保年間に建てられていた先代の本堂の木材を再利用して作られていた床下部分は、

上写真のようにやや華奢な印象でしたが、

頑丈な木材で改修されました。

作業は今後、改修した耐震壁の塗装、内陣須弥壇の改修、床の仕上げ、電気・ガス工事等々に移ります。